車を売る際にディーラーでの車下取りをしてはいけない理由とは

車下取りで損

車を売る場合、もしくは買い換える場合、多くの人はディーラーで下取りをしてもらい、新車の値段を安くしてもらったり、オプションを色々とつけてもらったりします。
一見すればお得に思えるだけでなく、買取査定やら何やらの手間を考えたらその方が総合的にいいのではないかと感じる人がとても多いのが実情です。

 

しかし、ディーラーに下取りに出してしまうことで損をする可能性が非常に高く、結果として下取りをしない方がよかったということも考えられます。
そのため、すぐにディーラーに出すのではなく、いったん処分を思いとどまり、別の方法はないのか、じっくりと考えてみることをおすすめします。

 

 

ディーラーでの車下取りは損しかないんです

 

ディーラー下取りは損

ディーラーに依頼する場合、金額を一方的に決められてしまうケースがほとんどです。
このため、実際に依頼する側が車の相場を知らない場合、その金額が妥当なものなのか、相場とそん色ないのかなどがわかりません。

 

また、これは値段がつかないような車だけどいくつかオプションをつけるなどと理由をつけてタダ同然で車のオーナーから引き取る業者も存在しますが、本当はちゃんと値段がつき、中古車として販売しているという不届きものも中にはいます。

 

いずれの場合にしても、情報を仕入れることなく簡単に下取りに出してしまうということは損しかなく、後でそれらの事実が発覚した場合、どうしようもありません。

 

 

車を売る時に正当な評価をしてもらうには

 

正当な評価

もし、自分が乗っていた車を高く買取ってもらうことを考えるならば、買取専門の業者に依頼することをおすすめします。
買取はいわば車の換金がメインとなっており、車にお金をかけていた場合にはその部分に関してもしっかりした評価をしてもらうことが可能です。

 

これが下取りとなると、例えばディーラーで取り扱っていないようなパーツなどは評価されない恐れがあります。
それまで車にお金をかけていたという場合はなおのこと、買取業者に査定依頼をしてもらうことが大切であり、そこで相場を知り、車の価値、知識を身につけることが求められます。

 

また、車の買い替えとはいえ、選択肢を多く持っておくことはよりよい車を見つけるという点でも大事です。

 

今までは家族で出かけることが多かったから大きな車にしていたけど、子供が成長し、子供自体が運転をしたり、独立して夫婦2人だけしか乗らなかったりすることが出てきます。
すると、常に大きな車にしておく必要はなく、軽自動車にして誰もが運転しやすくする、もしくは高級車にしてステータスをあげるなど様々な選択肢が出てきます。
そうなると、他の会社でいい車がある場合や中古車でも性能のいい車が多数あるケースなどが出てきます。

 

下取りに出してしまうと、その可能性を消してしまい、選択肢が1つしかないような状態となります。
よりよい車を見つけるという観点でも買取に出したほうが、その後の選択肢を残しておくことができます。

 

 

軽自動車は比較的安定した価格で売れることが多いんです

 

軽自動車価格は安定

また、軽自動車の場合、比較的相場が安定しており、多少年数を重ねていたとしてもあまり査定額が落ちないということがあります。

 

軽自動車自体の人気が根強く、全国的な需要が見込めるためで新車ではなく中古車を探すという人も少なくありません。
だからこそ、すぐに処分しようとはせず、その相場を知ることが大事になります。

 

 

車売るなら下取りよりも一括査定で買い取ってもらおう

 

一括査定で

一方で、1社だけで見積もり査定をしてもらうというのも結果としてはディーラーにお願いするのとさほど変わらない事態を招くことが考えられます。

 

最近では、インターネットなどで一括査定サイトというものが存在し、車に関する情報を入力しただけで査定に関する結果を出してもらい、それを踏まえたうえで業者との交渉をしていくことができるようになります。
また、確かな相場を知るという観点からもこれらのことはしておく必要があり、納得した状態で車を処分し、新たな車に乗り換えることができるようになります。

 

方法の違いだけで手にする金額が数十万円も変化することが多々あります。
納得した状態で多くお金を手にすることができるか、それとも、釈然としない状態で少なくお金を手にしてしまうかはかなり大きな差となります。

 

多少の手間をかけることで車をグレードアップさせること、よりよい車を見つけることができることを考えるならば、決して面倒な行為ではなく、むしろ正当な対価を得ることができる手段にもなります。

 

 

いまだに車下取りで損している人が多いのが現状なんです

 

車下取りで損

下取り依頼をする人は全体の8割に及ぶとも言われており、多くの人が損をしているような状態です。
もし、これらの事実を知れば多くの人が今までのやり方ではなく、ちゃんとした調べを重ねた上で行動するようになります。

 

提示された情報を鵜呑みにするのではなく、自分でも車に関する情報を調べ、需要と供給がどうなっているのか確認し、業者が言っていることが正しいのかどうかを判断することは大切です。
こうした積み重ねをすることで、納得した状態で車の買い替えをすることができ、それを車検の更新などの度に検討していくことで多くの車に出会うことも可能です。

 

 

<関連項目>

車売る時に下取りと買取どっちがお得なのか?

 

 

トップページに戻る