中古車査定相場は季節によっても変化するんです

中古車の季節相場

自動車を売却するときは、中古車として買い取りに出すことが一般的です。
その際には必ず買い取り金額を決めるための査定が行われますが、その査定相場はいつでも一定というわけではありません。

 

季節によって大きく変化するのです。
相場が変わることもあるという事実を知っておけば、中古車として売却するときに損をせずに済むのです。

 

季節によって車の需要が変わります

 

車の季節需要

まず、前提知識として査定相場は需要によって変化することを覚えておく必要があります。

 

車の市場だけに限りませんが、需要があれば高く売ることができ、需要がなければ安く売ることになってしまいます。
自動車業界では、これまでの歴史から需要がある季節が分かっていて、その時期に買い取りに出せば高く買ってもらえます。

 

春は車の需要が増える時期

 

春は車需要アップ

その時期はで、特に3月から4月にかけては需要が増大するため買い取り金額も効果になる傾向にあります。

 

何故春に自動車の需要が高まるのかというと、新生活を始める人の絶対数が多いからです。
自動車に限らず、新生活を始める人が多い春には住宅の物件が瞬く間になくなったり、家電や家具も売り切れが続出します。
その理由は、新生活を始めた人の需要があるためです。

 

自動車の場合も同様で、就職や転勤によって会社までの交通手段として自動車が必要になる人が増えたり、幼稚園や学校に新入学した子どもの送り迎えに自動車を使うようになるのです。
こういった理由から春は中古車の需要が増し、査定相場も上昇します。

 

さらに、月はじめのゴールデンウィークに旅行やレジャーに行く予定を立てている家族が多く、そのことを見越して4月までに自動車を購入することも多いのです。
この時期に自分の車が中古車として店頭に並ぶようにするためには、2月の終わりから3月の終わりまでには売却手続きを済ませておきたいところです。

 

9月の決算時期も車売るなら狙い目

 

9月決算での車需要

また、春以外にも買い取り金額が上がる季節があります。
それは秋で、中古車販売店の事情が大きくなっています。

 

9月は中間決算の時期で、このときには店頭に多数の自動車を揃えて一台でも多く販売したいと考えています。
そこで、仕入れのために査定金額を多少上げてでも品揃えを豊富にしようと計画しているのです。

 

売る車種によって需要が増える時期が違います

 

車種による需要

さらに、車種によっては買い取り金額が大幅にアップすることもあります。

 

例えば、近年大流行しているSUVはサーフィンやキャンプなどに向いているため、夏前の6月が売り時です。
たくさんの荷物を詰めることに加え、多少の悪路でも難なく走行できるためアウトドアシーズンである夏に購入を考える人が多いのです。

 

また、夏はオープンカーの需要が高まる季節でもあります。

 

4WD車は夏の終わりから秋にかけての時期が売却に適しています。
4WD車はその性能から雪が降り積もった道路でも安全に走行できるため積雪が多い地域である北日本や日本海側を中心に需要が高く、冬になる前の季節であれば高値で売却できます。

 

販売価格が高額になる外車は、ボーナス前の時期に売却しておくのが良いでしょう。
ボーナスで購入しようと考えている人の需要があるため、買い取り金額も高くなります。

 

車売るタイミングを逃さないように

 

車売るタイミング

とはいえ、時期によって上昇する相場を狙いすぎると、適切な売却タイミングを逃してしまうことにもなりかねません。
売却時期を待っている間にも自動車の走行距離は増えていったり、車検が切れてしまうといったことがあると絶対的な評価額が落ちてしまいます。

 

さらに、同じ車種の新モデルが発表されることがあれば売却価格は一気に下落することになるのです。
季節を全く気に掛けないことは損に繋がりますが、逆にこだわりすぎて売却タイミングを逃すことがないように、査定相場が上昇傾向にあることが確認できたらなるべく早く買い取ってもらうようにしましょう。

 

 

トップページに戻る