車売る時に下取りと買取どっちがお得なのか?

車下取りと買取はどっちがお得か

自動車を手放す時、自動車を自動車ディーラーに下取りしてもらうべきか、中古車買取り業者に買い取ってもらうべきか、悩むところです。

 

 

ディーラーでの車下取りでは安くなってしまう、その仕組みとは

 

車下取りの仕組み

自動車ディーラーでの下取りは、そのディーラーで新しく自動車を購入することが前提で話が進みますから自動車購入時の値引き分を考慮して下取り金額を提示してきてくれますが、自動車の査定額の相場は、そのディーラー系列店舗間できめられた金額によりますので、高値を期待することはできません。

 

それは、自動車ディーラーの場合、系列店のみという狭い範囲でしか査定額を検討しないので、価格競争が発生しない為です。
価格競争が発生すれば、値段が吊り上がっていくことも考えられますが、ディーラーが提示する金額だとそれは期待できません。

 

また、自動車を売るネットワークも確認しておくべき点で、ディーラーの中古車販売ネットワークはディーラーの系列店に限られてきますので、そこでも価格の頭打ちが予想されます。

 

それと自動車販売ディーラーの査定は厳しいです。
車の状態を厳しくチェックします。そのチェック項目は、ボディ色や外装の傷の程度、年式と走行距離、事故歴の有無、改造せず純正かどうかなどについて細かくチェックしていきます。

 

ここまで厳しくチェックするのは、前述のとおり販売ネットワークが狭い範囲で限られていて、その中で売りさばいていかなければならないという事情があります。
あまりに状態が悪い自動車だと、いつまでも売れ残ってしまい、ディーラーにとって不良債権のような状態になってしまうのです。

 

そのような事態を避けるために、ディーラーは慎重に値段を付けます。
確実に売りさばくことが出来る値段です。ですから、おのずと金額は下がってしまいます。

 

 

中古車買取店の車買取で高額で売れる仕組みとは

 

車買取の仕組み

その一方で、中古車買取り業者は、高値で買い取ってもらえる確率が高くなります。
これは、複数の業者間で価格競争が行われるからです。

 

業者にとって欲しい車種の自動車なら、オークションのように値段が吊り上がっていきます。
よって、価格は競争させるべきです。

 

もうひとつは、販売店舗が多いという点です。
販売ネットワークが広ければ、それだけ多様で数多くの需要を獲得することが出来ます。
それにより、自動車の状態と需要がマッチすれば、自動車の状態がどうであれ売ることが出来ますので、大幅に価格を下げる必要が無く、必然的に買取り価格も上昇します。

 

つまり、販売ネットワークが広いということは、相場が上がるということに繋がるのです。

 

また、中古車買取り業者の査定は、ディーラーのものより厳しくありません。
それは、車の状態に応じて販売ネットワークの中に需要がありますので、高値で販売することが出来るからです。
年式や走行距離が伸びていても、事故歴がなかったり純正の状態だと高額で買い取ってもらえる確率が高いでしょう。

 

 

一括査定を利用して査定価格を競合させるとさらにお得に

 

一括査定利用でお得に

現在は、業者に一括査定を依頼出来るサイトがあります。
この一括査定システムとは、複数の業者に自動車買取りの概算見積り額を出してもらい、その中から最も金額の高い業者を選んで自動車を売却することが出来るというシステムです。

 

これはまさに、価格競争をさせている状態であり、思いもよらぬ高値をつけてもらえる場合があります。
この種のサイトに登録している業社は多数あり、全国規模で店舗を経営しているいわゆる全国ネットワーク型の業者から、地域密着型の業者まで、様々です。
これらの業者の価格競争を、店舗に行かずとも自宅のインターネットで出来るという点も利点と言えるでしょう。

 

業者の店舗に足を運ぶと、その業者の中での相場は分かりますが、価格を比較するとなれば、他の業者の店舗に行かなければならないという、時間と労力を費やすことになります。
ですから、事前に一括見積りサイトで業者を決めておいてから店舗に赴けば、無駄な時間と労力を費やさずに済みます。

 

 

車売る時に一番高額にするにはどうすればいいのか

 

車売る一番高額に

このように、自動車ディーラーは、販売ネットワークが狭い故に自動車の下取りに関して慎重であることと、価格競争をする相手がいないことから価格が吊り上がることがなく、高値を期待することは出来ません。

 

中古車買取り業者なら、販売ネットワークが広くあらゆるニーズを獲得できている強みがあり、そのニーズがあるからこそどのような状態の自動車でも値段を付けることが可能です。
また、業者同士で価格競争をしますので金額が吊り上がり、高値を期待することができます。

 

さらには、インターネットの一括見積りサイトのサービスを利用すれば、自宅に居ながらにして複数の業者が提示してきた見積り金額を確認することが出来ますので、相場の確認も出来ますし、価格を比較する参考にもなります。

 

これらのことから、自動車を売却する際は、販売ネットワークの広さと価格競争をさせられるという点を考慮すれば、ネットワークが狭くて価格競争が期待できない自動車ディーラーよりも、中古車を買い取ってくれる業者の方が高値で買い取ってくれると言えるでしょう。

 

 

<関連項目>

ディーラーでの車下取りをしてはいけない理由とは

中古車査定額はどうやって決まるのか?

 

 

トップページに戻る


関連ページ

プロが教える正しい洗車をして高額査定に
プロが教える正しい洗車をすれば高額査定になること間違いなし。洗車するときの天気や洗う順番、洗車用品についてのポイントを伝授します。
ディーラーでの車下取りをしてはいけない理由とは
車売る際にディーラーでの下取りをしてしまうと大きな損をしてしまう事になります。その理由について解説していきます。
中古車査定額はどうやって決まるのか?
車を売る時の中古車査定額はどうやって決まるのでしょうか。
車買い替えの最適なタイミングとは
車買い替えをする際に満足のいく査定額を引き出しやすくするためには車売るタイミングを意識して行動することが大切です
中古車査定相場は季節によっても変化するんです
車を売る際、中古車査定相場は季節によっても変化します。その要因といつ高額で売ることができるのかについてご紹介します。
高額査定になりやすい人気の車種について
車を売る時に高額査定になりやすい人気の車種とはどんな車種なんでしょうか。タイプ別に特徴などを踏まえ考えてみました。
外車の査定額は下落しやすい
車を売る際に外車の査定額は下落しやすいと言いますがどうしてなのでしょうか。その理由についてお答えします。