中古車査定額はどうやって決まるのか?

査定チェック

自分にとってはもう必要のない車だったとしても、まだ乗ることが出来る車なのであれば、他の誰かが乗ってくれるかもしれません。
中古車として販売すれば買い手がつくような車なのであれば、中古車査定をしてもらい買い取ってもらうといいでしょう。

 

車は大事に乗れば十年を超えてもまだまだ乗ることが出来ますので、買い手がつく可能性は十分あります。
中古車査定をしてもらううえでは、どんな風に査定額が決まっていくようになるのでしょうか。

 

 

査定額は走行距離や年式でほぼ決まります

 

走行距離と年式

よく知られているのは、走行距離年式があります。
車に詳しくない人だとしても、年式が古い車は避けたいと思う人が多いですので、年式はできるだけ新しい車のほうが高く買い取ってもらえるようになっています。

 

走行距離に関してはどうでしょうか。
出来るだけ走行距離が短い方がいいと考えられますが、目安としては普通車で1年間に1万キロ程度、軽自動車で8000キロ程度を目安として考えるといいでしょう。
この目安よりも多ければ査定額は下がる傾向にありますし、目安よりも短ければ査定額は上がる傾向にあります。

 

 

極端に走行距離が少ない場合は要注意

 

少ない走行距離

しかし極端に走行距離が少ない場合にはどうでしょうか。
走行距離が少なければ少ないほどいいと言うものでもありません。

 

エンジンをあまり動かしていない車は調子が悪くなってしまう傾向にありますので、ある程度は走行をしている車のほうが査定額が上がる傾向にありますので、走行距離が少なければ必ずしもいいと言うわけではないのです。

 

 

車のキズやヘコミの査定時の影響とは

 

車のキズ・ヘコミ

中古車として売るには見た目が大事ですので、たくさんの傷が入っている車は避けられてしまいます。
大きなへこみがある車もいけませんが、小さなへこみや傷がたくさんある車もチェックされるポイントになります。

 

しかしここでしてはならないのが、傷の補修を自分で行ってしまうことがります。
傷の補修を自分で行った場合には、遠目にみる部分はきれいに直っていたとしても、近くでよく見ると補修したのがすぐにわかりますのでよくありません。
傷を直すための補修材を購入してもその元が取れるほどの査定額アップにつながらないこともありますので、傷が目立つ車だとしても、自分で補修しないようにしておきましょう。

 

 

車の臭いは査定にどれくらい影響があるのか

 

車の臭い

査定額に影響してくることとしては、車の臭いがあります。
車内で喫煙をしていた車は、車に臭いがしみついている状態です。

 

タバコを吸う人からしてみればまったく気にならないことだったとしても、タバコを吸わない人からしてみれば、とても気になる臭いになります。
タバコでシートを焦がしたような箇所がなかったとしても、臭いだけで気づかれてしまいますので、車内でタバコを吸っていた車は査定額を下げることにつながります。

 

臭い面から言えば、タバコ以外にもペットの臭いがあります。
車に乗るたびにペットを連れて出かけていたとなると、ペットの臭いが車についている場合もありますが、この場合も査定額を下げることになるのです。
自分にとってはかわいいペットだったとしても、ペット好きではない人からしてみれば、不快なにおいになることもあります。

 

車は窓を開けずに締め切った状態で乗る人も多いですので、何らかの臭いがする場合には、マイナスになると考えておかなくてはなりません。

 

 

ボディーカラーによっても査定額に違いが

 

ボディーカラーでの違い

そのほかに査定額を決めるものとしては、ボディカラーもあります。

 

人気が高いボディカラーであったり、希少価値のあるボディカラーの場合は査定額が上がる傾向にあります。
あまり人気のないカラーの場合は、その後に買い手がつかない可能性があるので、査定額を下げるようになってしまうのです。

 

車の査定額を決める部分はたくさんありますが、ポイントになるのがその後に中古車として多くの人から需要があるかという点がポイントになってきます。
買取をしたもののその後に誰も買い手がつかなければその車は売れないことになってしまいますので、業者側も真剣に査定をするようになるのです。

 

需要があるかどうかは車を大切に乗っていたかどうかも影響をしてきます。

 

 

定期的なメンテナンスや洗車も大切です

 

メンテナンスも大切

定期的にメンテナンスをしていた車はその後故障がしにくくなりますが、メンテナンスをほとんどしてこなかった車は、中古車として売り出した後にすぐに壊れてしまう可能性も出てくるでしょう。

 

いくら安いからとはいっても、購入後にすぐに壊れるようなことになればクレームにつながってしまいますので、故障することがないように大事に乗られていた車は高く査定をしてもらうことが出来ます。
メンテナンスをしていたことがわかるような証明できるものがあればそれを一緒に出すようにすればいいですし、印象をよくするためにも、車をしっかりときれいにしておくのもいいでしょう。

 

洗車をしたり、車内を清掃しておけば、見た目がきれいになりますので印象が良くなってきます。
見た目だけで判断するわけではありませんが、第一印象が良ければ偏見の目で見られることなく正しく査定をしてもらえるようになりますので、きれいにしておくほうがいいでしょう。

 

 

<関連項目>

車売る時に下取りと買取どっちがお得なのか?

 

トップページに戻る