車売る前の査定相場はここで調べられます

査定相場調べる

車売る時には事前に査定相場を調べておくことをおすすめします。

 

それはなぜかといいますと、、、
事前に査定相場を知っておくことで、実際に車買取業者に出した時の査定額が判断できるからなんです。

 

なのでまずはネット上で完結する、誰でも簡単に査定相場を調べる方法。

 

<カーオクサポート>
https://www.car-auc-support.com/
中古自動車オークションの実際の落札相場を基にしたデータがわかります。

 

<トヨタ下取り参考価格情報>
http://toyota.jp/
トヨタでの下取り参考価格情報です。

 

<ニッサン下取り参考価格シミュレーション>
http://nissan.co.jp/
ニッサンでの下取り参考価格です。


査定相場は車を売る場所によって違うんです

査定相場違う

先ほど査定相場を調べた結果はどうでしたか?
同じ車でも場所によって査定相場が違うことがわかったかと思います。

 

この査定額の違いというのは、それぞれで価格を出す基準が違っているからなんです。

 

さらに車を売る場合には大きく分けると【下取り】【買取】の2つの方法があります。

 

 

車下取りとは

 

主に車を買い替える際に、次に車を購入するお店に売却する方法です。
車を買い替える半数以上の人がこの下取りを利用しているといわれています。

 

車下取りとは

  • メリットとしては

購入と売却が一つのお店で済むので、手間がかからない

 

  • デメリットとしては

比較的安い価格になってしまう

 

 

車買取とは

 

ガリバーやアップルなどの中古車買取店に車を売却するという方法です。
最近認知度は上がってきましたが、利用者は下取りに比べてまだ少ないようです。

 

車買取とは

  • メリットとしては

下取りよりも高額査定になることが多い

 

  • デメリットとしては

車買い替えの際には、購入店と売却するお店が違うので手間がかかる

 

 

<関連項目>

車売る時に下取りと買取どっちがお得なのか?

 


車を高額で売るなら絶対に車買取が有利

車買取が有利

せっかくなら車を少しでも高額で売りたい!
そう思っているのなら、絶対に車買取を利用しましょう。

 

査定相場を調べてみても、たいていの場合は下取りよりも買取のほうが査定額が高くなっていますよね。

 

 

車買取のほうが高額査定になる理由とは

 

高額査定の理由

どうして車買取の方が査定額が高いのか?
その理由の一つに、購入した車の販売経路の違いがあります。

 

ディーラーなどで下取りした場合、ほとんどの車はそのままカーオークションに流れていきます。
なのでどうしても、手数料や手間を考えるとオークション相場よりも安い価格で下取りしないと利益を得られません。

 

一方、中古車買取店では、購入した車は自社の中古車販売店などで売ることになります。
オークションを通さず直接車を買取することで手数料等のコストがカットできるので高額買取ができるんです。

 

まだほかにも理由があるのですが、簡単に言うとこんな感じになります。

 


車売る際に最大限に査定額を引き上げる方法とは

査定額最大限

車を売る際には下取りよりも買取に出したほうが高額になることはわかったのではないかと思います。
そこであなたの愛車の査定額を最大限に引き出すには【複数の買取店で査定してもらう】ということが大きなポイントになります。

 

先ほど査定相場を調べた人ならわかりますよね。
同じ車でも買取業者によって査定額は違ってきます。

 

なので1つの業者で査定しただけじゃ車本来の価値が正確にはわからないので、複数の買取店で査定してもらうことが大切なんです。

 

 

複数の車買取業者に査定してもらうのは大変面倒

 

複数査定は面倒

車を売る際に複数の買取業者に査定してもらうといっても、普段仕事をしているとなかなか大変なことですよね。
近所の買取店を探して、査定希望の連絡をして、お店に来店し査定してもらい、営業マンとの交渉をし、そして次の買取店へ。

 

朝から廻っても1日で3件くらいの査定をもらえるのが妥当な線だと思います。
さらに買取店のチョイスも大手から地域の専門店等、たくさんあるので調べるのも大変でしょう。

 

できるだけ高額で車売ることを考えると、少なくても5社〜10社程度の査定はもらいたいので、時間的にも手間もずいぶんと掛かってしまいます。
なので実際の所は、ほとんどの人が2、3店舗の買取店で査定をもらって決めてしまう事が多いのが現状です。

 

せっかく【複数の買取店で査定してもらう】事で高額で売れることを知ったのですから、これではもったいないですよ!

 

 


一括査定サイトを利用すれば簡単便利に高額査定がもらえます

一括査定サイト利用

「車を売る際に効率よく複数の査定をもらって、手間なく愛車の価値を最大限に引き出したい」
そんな要望をかなえてくれるシステムが実はあるんです!

 

それは『車買取一括査定サイト』というシステムです。

 

 

『車買取一括査定サイト』って?

 

一括査定サイトとは

車買取一括査定サイトとは、車の情報や簡単な個人情報を一度入力するだけで各サイトが提携している車買取店10社程度に自動的に査定依頼ができてしまうという便利なシステムなんです。
申込むとメールや電話で概算の査定額を教えてくれるので、自宅に居ながら高額査定がもらえる業者がわかります。

 

これなら手間も時間もかからず効率よく高額査定がもらえて便利ですよね。
あとは一番高額な所に実際に出張査定に来てもらい、車の状態を見てもらって正確な査定額を出してもらい納得すれば売却という流れになります。

 

 

おすすめの『車買取一括査定サイト』

 

おすすめ一括査定サイト

ここでは高額査定が見込めるおすすめの『車買取一括査定サイト』を紹介します。

 

それぞれのサイトによって提携している車買取業者が違っているので、より多くの業者の査定が欲しい人は複数の一括サイトに申込むのもいいでしょう。
提携業者は大手から地域の専門店、改造車専門店などいろいろあるので、売りたい車の特徴にあったところを選ぶのが高額査定への近道ですよ!

 

 

<車買取一括査定サイト人気ランキング>

【カーセンサー.net】

カーセンサー

一括査定数:最大30社

(提携買取業者:大手の他にも地域の中古車買取店多数500社以上)
「カーセンサー.net」は、リクルート運営の一括査定サービスで日本最大級のカーコミュニティーサイトです。TVCMや中古車情報誌「カーセンサー」としても有名ですよね。参加業者は大手はもちろん、情報誌で培ったネットワークをもとに「地域の中古車販売店・買取店」も参加しているので、多様なニーズから売却する人が思った以上の高額査定が出る可能性あり。
ページ下部より、メーカー・車種別の相場や価格変動グラフが見れるので、参考に見てみるのもオススメですよ。また、事故車買取にも力を入れていて、事故車・修復歴ありの車でも売却できる店が一目でわかるようになっているので安心です。

 

http://kaitori.carsensor.net/

カーセンサー

 

 

【かんたん車査定ガイド】

かんたん車査定

一括査定数:最大10社

(提携買取業者:ガリバー・カーチス・カーセブン・アップルなど約50社)
「かんたん車査定ガイド」は、エイチームというマザーズ上場企業が運営している一括査定サイトで車売却時に高額な見積を提示してくれる買取業者が多いと評判です。
また、メーカー・車種などを入力したらすぐに概算最高額がわかるというところが多くの方に利用されている理由なんです。
大手を含む50社以上の車買取店が参加していて、もちろん一括査定の信頼度も抜群!実際の業者間価格差60万円以上になった例もあります!
車売却するなら少しでも愛車を高く売りたい、とにかく概算最高金額を知りたい、という人にはオススメのサイトです。

 

http://a-satei.com/

かんたん車査定

 

 

【楽天オート】

楽天オート

一括査定数:最大9社

(提携買取業者:カーチス・カーセブン・ラビット・アップルなど約90社以上)
「楽天オート」は、あの楽天が運営する比較的新しい一括査定サイト。
まだ参加企業は少ないのですが、
申込み時と成約時の両方で楽天ポイントがもらえるのが特徴です。
見積り査定の申込みで5ポイント、
さらに車売却の成約で1500ポイント進呈
されます。
他の一括査定サイトと比べて売却額が同じであれば、さらに楽天ポイントも貰えるのでいいかもしれませんね。

 

http://auto.rakuten.co.jp/kaitori/

楽天オート

 

 

【ズバット車買取比較】

ズバット

一括査定数:最大10社

(提携買取業者:ガリバー・カーチス・カーセブン・ラビットなど約200社以上)
「ズバット車買取比較」は、ウェブクルーというマザーズ上場企業が運営している一括査定サイトで、買い取り実績50万人以上もの利用者から選ばれているので信頼度は間違いなし。
大手を含む200社以上の車買取店がオークション形式で競り合うので、実際に一括査定での売却料金差が70万円超になった例も!
「ズバット車買取比較」は、愛車を本気で高く売りたい人にオススメの車買取比較サイトです。

 

http://www.zba.jp/car-kaitori/

ズバット

 

 

【カービュー】

カービュー

一括査定数:最大8社

(提携買取業者:カーチス・カーセブン・ラビット・アップルなど約200社以上)
「カービュー」は、あのソフトバンクグループが運営する老舗の一括査定サイトで、長い運営機関によって実績NO.1の買取数、売却利用者は390万人を突破!
中古車ネットワークの幅が広く、他では出てこない買取店が出てくることが多いので、他のサイトの売却額に満足できなかった場合に利用するのがオススメです!
また、大型バス・トラック・建機などの「商用車」の売却や、不動車・水没車などの「事故車」の売却でも大丈夫なので便利ですよ。

 

https://kaitori.carview.co.jp/

カービュー

 

 

 

 

 

 

『車買取一括査定サイト』にもデメリットがあるんです

 

一括査定サイトのデメリット

便利で効率がいいと評判の『車買取一括査定サイト』ですが、一方でデメリットもあるんです。

 

それは、、、

 

  • 電話とメールがたくさん来るので対応が面倒なこと
  • 個人情報が査定した全ての車買取業者に流れてしまうということ

 

電話とメールについてはデメリットとしてとらえるのには個人差があると思います。
しかし最近は個人情報の取扱いに気を付けている人が多い中、沢山の業者に情報が開示されてしまうのは考え物です。

 

なので『車買取一括査定サイト』を利用する際には、このことを了承して申し込むようにしないといけません。


一括査定サイトの弱点を克服した新しい車売却が今アツイ!

注目の車売却法

車を売る際に効率よく高額査定をもらいたい、でも一括査定の対応は面倒だし個人情報が漏れるのもチョット嫌。
そんな要望に応えてくれるシステムが最近誕生しました!

 

それが「ユーカーパック」というサイトです。

 

ユーカーパック電話

 

 

ユーカーパックなら、車売る際に個人情報が必要以上に流れません

 

ユーカーパックは今までの一括査定サイトとは違い、自社で提携している車買取業者がオークション形式で価格を決めていくシステムになっています。
なので個人情報はユーカーパックと落札した業者にしか流れないので、必要最低限で済むんです。

 

あと一括査定と違う点は、オークションに出す前に車の状態をチェックしないといけないので、近くのガソリンスタンドなどの提携店まで行っての査定が必要になります。
査定はこの一度で済むので、手間的にはほとんどかからないですよね。

 

ユーカーパック

 

ユーカーパック

https://ucarpac.com/

 

ユーカーパックのおすすめポイント

 

  • 提携している約1000社の車買取業者がオークション形式で入札するので、今までの一括査定よりも高額査定が見込めます
  •  

  • 査定に参加している車買取業者には車両情報のみで個人情報は流れないので、大量の電話やメールに悩まなくて済む
  •  

  • 査定は近くの提携ガソリンスタンドで一度でOK!なので買取業者が自宅に来て押し買いの悩みもありません
  •  

  • ガソリンスタンドで査定した後は、ネットで簡単に入札状況が確認できる。
  •  

  • 価格に満足できなければ、無理に売る必要はありません。
  •  

  • ネット申し込み後に概算価格がすぐにわかるので車買取相場も知ることができる。

 

ユーカーパック概算価格

 

 

ユーカーパック申し込み

 

 

 


車売る時に高額査定をもらうために大切な事とは

愛車高額で売るためには

愛車を売るときは必ず査定が行われます。
この査定によって売却金額が決まりますが、中古車査定に持ち込む前に、できる限りのことをしておけば高く売れます。

 

まず、査定で最も重視されるのは走行距離です。
走行距離は少なければ少ないほど査定が高くなるため、売却することを決めてからは無駄に走行しないようにしましょう。

 

また、車体の傷も重要な査定項目になります。
日頃から傷を付けないように気をつけておくことはもちろん、既に付いてしまった傷も可能な限り修復しておくことが大切です。

 

また、高額査定にするためには購入時に付属してきたものを無くさないことがポイントです。
カーナビの取扱説明書などは、可能な限り購入時のまま保存しておきましょう。

 

以外と気を遣わない人が多いのが、タバコの臭いです。
車内にタバコ臭が染みついていると査定額は大きく減額されてしまいます。
中古車査定に持ち込む前に消臭し、ヤニがこびりついていないかをチェックしておきましょう。

 

 

オプション品があれば高額査定に

 

オプション品

 

何かの価値を測る際に重要になるのは、いかに新品に近い状態であるかと言う事であると考えることもできます。

 

例えば家電を売却することを考えた場合、その機能が完全であったとしても箱や説明書が欠品していると言うことが査定額を大きく引き下げることもあるのです。
これは買い手が少しでも新品に近い状態のものを好むと言う現実に関連している問題であり、オプション品に関しても全てが揃っていることが重要視されるのです。

 

そのため査定額を高くしたいのであればオプション品についても全てきれいにとっておく姿勢が大切になります。
それは製品の機能に直接関連しない部分であっても同様であり、ビニール袋等の付属品も可能な限り新品のまま保存しておくことが重要です。

 

 

走行距離が少なければ高額査定の可能性

 

走行距離

 

車を売却する際に買取りしてもらう場合は、年式やグレードと車の状態・走行距離が査定額を決める手がかりになります。
その中で一番走行距離が重要視されます。

 

その理由は車の寿命を差しているからです。
車は乗り続けることで各種部品が消耗していき寿命が短くなります。
走行距離が長ければ長いほど、残りの寿命が短いということなので売れにくくなるので、査定額も低くなってしまうのです。

 

走行距離は1年間で1万kmを目安とされていますが、それよりも多いか少ないかがひとつのポイントにもなります。
ただ、短ければいいというものでもなく10年経った車が2000kmしか走っていない車があっても高額の査定になるわけではありません。

 

車はある程度動かすことでコンディションを維持することができるので、あまり動かさないのはゴムの劣化や錆が発生したりしてしまいます。
10万kmを超えると過走行車になり、タイミングベルトの劣化が激しいので交換すると査定額にも影響してきます。

 

 

コンディションを良くしておくことで高額査定に

 

車のコンディション

 

クルマの買取価格に大きく影響を与える可能性があるものの一つに、そのクルマのコンディションの良し悪しがあります。
コンディションを判断する材料としては、年式と走行距離があります。
年式が新しいほどコンディションは良いと判断されますし、走行距離も短いほどコンディションが良いと判断されます。

 

ただ、年式が古いのに走行距離が極端に短い場合は、エンジンのコンディションがあまり良くない場合があるので中古車を購入するときには注意が必要です。
エンジンは使い過ぎると負荷がかかるので寿命が早くなりますが、逆に、使わないというのも良くありません。

 

たとえば、近所の2、3km程度を行き来してばかりいるような使い方は、エンジンが暖まらず負荷が大きくなり寿命を早めてしまうのです。
ただ、買取価格に関しては、年式が古いのに走行距離が短いというのは、多くの買い手にとっては魅力的に映るので、走行距離が多いクルマと比べると査定額が高くなる可能性のほうが高いでしょう。

 

日ごろのメンテナンスが大切です

 

メンテナンス

日ごろのメンテナンスもクルマのコンディションをキープするのに大切なことです。

 

メンテナンスの基本はエンジンオイルの交換などですが、査定の際にクルマを走らせることはしませんが、エンジンをかけることはします。
その際にアイドリングの調子や異音の有無などを確認します。
エンジンオイルの交換を怠っていると、アイドリングが一定せず不規則で大きい振動やエンジン音が発生しやすくなります。

 

また、排気ガスの色でもエンジンオイルの交換の有無がわかります。
メンテナンスを日ごろから行っていないということがわかってしまうと、査定額にマイナスの影響を与える可能性がありますし、逆に日ごろからきちんとメンテナンスを行っているクルマであることがわかるとプラスに働きます。

 

整備手帳がしっかりしていると好印象に

 

車の整備

また、メンテナンスをきちんと行っていることがわかるために、整備手帳をわかりやすく整理して揃えておくことも大切です。
これは次のそのクルマを購入する人にとってもそのクルマを知る重要な書類になります。

 

ディーラーで行うと整備手帳に追加記入されていきますが、他の自動車整備工場やカー用品店などで行った場合も、捨てないで、きちんと揃えておくことをおすすめします。

 

また、査定の際には査定士に整備に関する資料が揃っていることをしっかりアピールすると良いでしょう。
それによって大幅な査定額アップというわけではなくても、そのクルマ全体に対する印象が良くなることが考えられます。

 

 

車内を消臭して高額査定に

 

車内消臭

 

車を売りに出す時にワンランク上の査定額を引き出すには、車内消臭をしておくのが効果的です。
臭いというのは乗っている本人は気づきにくいものですが、他人からすると気になるということもあるので査定の前にはしっかり臭いを消しておくようにしましょう。
特にタバコを吸う人であったり、ペットを飼っている人などは消臭をしておくかおかないかで大きな差が出てくることになります。

 

車内消臭の方法は?

 

車内消臭方法

臭いでそれほど査定額が変わるのかと思うかもしれませんが、臭いがあるだけで購入の候補から外れるという人が存在する以上は多くの人が不快に感じる臭いがする車というのは、それだけでマイナスになってしまうので消臭をしておいて損はありません。

 

消臭の方法としては、消臭スプレーをふりかけておいたり天気のいい日にドアを開けて車内に日光を当てるといった方法が効果的です。
かなり染み付いた臭いというのは簡単に落ちるものではありませんから、売りに出す時には直前ではなくある程度前の時期から消臭を行うようにすると良いでしょう。

 

また、車用の香水などで臭いを誤魔化そうとするのは避けたほうがよく、これは臭いが混じって逆効果になってしまう可能性があることと、車用の香水の臭いが嫌いという人もいるので、別の臭いで誤魔化すのは避けたほうが良いのです。

 

タバコやペットの臭いと比較をするとましかもしれませんが、それでも気になる人がいる以上はマイナスの対象となってしまうので理想は無臭の状態にすることが一番です。

 

そのため、車を少しでも高く売りたいというのであれば少し前から車内消臭にも気を配っておくことが重要となるのです。
本人には気づきにくく見落としやすい部分なので、売りに出す時には臭いのことも忘れないようにしておきましょう。

 

 

綺麗な内装・外装にして高額査定に

 

綺麗な内外装

 

車を売る時に査定額をアップしてもらいたいのであれば、内装や外装を綺麗にしておくことが大切です。
理屈としては取れない汚れや傷があるというわけでなければ、どれだけゴミが落ちていようが埃や泥まみれの車であっても価値は大きく変わるわけではありませんから、査定額が変わるにしても綺麗にする手間の数千円程度で済むということになります。

 

しかし、現実的には人間が査定をする以上は印象というのも重要なものとなってきて、綺麗な車と汚い車であればそれ以外の部分が全く同じだとしても価値が大きく変わってくる可能性があるのです。

 

埃を被っていたり泥だらけの車というのはパッと見ただけでいい車に見えないので、その時点で印象の面ではマイナスになってしまいます。
傷などがある車の場合には、汚れていたほうが傷が誤魔化されて良いかもと思ってしまうこともあるかもしれませんが、プロがそのような部分を見逃すはずがありませんから、汚れていることが有利に働くことはありません。

 

むしろ、見落としがないように慎重にチェックをされてしまう恐れもあり通常であれば、減額とならないような小さな傷も減額にされてしまう恐れがあります。

 

内装も同様にゴミが散らかっていたり、食べかすのようなものがそこら中にあれば印象は悪くなってしまいますし、細かいところまで余計にチェックされてしまうことになります。
その結果として本来であれば、高値がつくところを安くなってしまうということもあるのです。

 

車に無関心だと思われないように

 

車に無関心だと思われない

内装や外装が汚いと車の扱いに無関心なオーナーなのではないかと思われてしまうことになり、それも査定の面で大きく不利になってしまいます。
車というのは目に見える部分だけでなく、目に見えない内部も状態も重要となるので車の扱いが雑な人は、内部の状態も悪くなっているのではと判断をされてしまいかねず、査定額が伸び悩んでしまうことになるのです。

 

これがピカピカにしている車であれば最初の時点で印象が良いものとなりますし、綺麗にしている車であれば普段から丁寧に扱っていると判断されることになるので、内部も状態も良好だろうと思ってもらうことができます。
その結果として査定額もアップしやすくなりますから、査定に出す前には綺麗にしておいて損はないのです。

 

わざわざ手間を掛けるのは面倒だと考える人もいるかもしれませんが、車の場合には金額が大きいだけに僅かな手間が数万円と変わってくることがあるため、査定額アップのためには多少の手間は惜しまないようにしましょう。

 

 

洗車するときの注意ポイント

 

洗車の注意ポイント

 

車を購入すると、洗車を行い、車をきれいに保ちたいと考える人がほとんどです。
天気のいい日、外が暖かい日などは洗車場には多くの人がつめかけ、順番待ちをする車が多く並ぶ光景も目立ちます。

 

ガソリンスタンドでお願いするのではなく、自分で洗車をする場合などはその洗い方がとても大事になります。
実は車にとってよくない洗い方だった、傷ついたことで査定に響いたということもよくあるためです。
車を洗う前に、まずはどの点に注意して行えばいいのかを知っておく必要があります。

 

洗車の順番を知っておこう

 

洗車の順番

まず洗車の順番を知っておくことが大切です。
最初に洗うべきところはタイヤです。

 

上から洗ったほうが効率的で、結局は汚れてしまうではないかと思いがちですが、車の中で一番汚れているのはタイヤであり、最後にやってしまうとその汚れがせっかく洗った車のボディなどに飛び散ることになります。
一生懸命洗ったにもかかわらず、結局はきれいにし切れないということにもなるため、最初はタイヤから洗うことが大事です。

 

ただ、タイヤの汚れは土汚れなどで水洗いで十分です。
洗剤などで洗うとゴムに影響を与える恐れがあります。

 

また、車全体を最初に水で洗っておくことは車のボディを磨く場合に非常に重要です。
ボディはホコリなどが付着しており、その状態で拭いてしまうと傷がつく恐れがあります。
水で最初に流しておくことでこれらを洗い流し、傷がつく可能性を少なくします。
タイヤやボディーをまずは水で洗うことをすると、間違いは起きません。

 

ボディーは力を入れずに優しく磨こう

 

ボディーは優しく磨く

次に大事なことはやさしく磨くことです。

 

きれいにしたい一心で力任せに磨く人が時折いますが、こうした行為も車を傷つける行為につながります。
スポンジに洗車用のシャンプーをなじませ、やさしく磨いていきます。
スポンジで車の車体をなでるだけでも十分汚れを落とす効果はあります。

 

コイン洗車場などによっては備え付けの長い棒で脚立に上らずともボディを磨くことができますが、もってのほかです。
自分の手で優しく磨くということが大前提です。

 

また、車のボディには定期的に水をかけるということも忘れてはなりません。
すぐに乾いてしまうため、スポンジを濡らしながらなど工夫をして常に水分を保つことが求められます。

 

車体についた水分の拭き取りはしっかりと

 

車体の水分はしっかりと

最も重要なのは磨いて水分をふき取る際です。

 

中には、車を走らせるうちに乾くだろうと思い、あまり拭かずに走らせてしまう人がいますが、結果としてその水分が水垢となり汚れとなってしまいます。
しっかりとふき取る事できれいに保つことができるのです。

 

風の強い日などはホコリや砂が舞っていることが多く、よりふき取る際には慎重な対応が必要となります。
もちろん、ふき取る際も磨くとき同様やさしく磨くことが大切です。
なでるように拭いても十分水分をとることができます。

 

新車は特に注意が必要です

 

新車の洗車

新車の場合に気をつけたいのは、納車してからすぐに行わないことです。
塗装されてから間もないため、塗装がはがれる恐れがあります。

 

まして、力いっぱい拭いてしまえば細かな傷となり、後々大きな影響を与えるようになってしまいます。
その場合はディーラーなどにお願いして洗ってもらうだけでなく、実際にレクチャーを受けて確かめることも大事になります。
特に初めての車という場合には全く知らないままやりがちで、車を傷つける恐れが出てきます。

 

こうした細かな傷が査定の際に響くことにつながり、そうした反省を次の車で活かすことになっていきます。
洗うタイミングは月に1回、もしくは2ヶ月に1回などにし、できるだけ洗う機会を少なくすることも大切です。
どれだけがんばっても細かな傷はついてしまうためで、ならば回数を少なくする、もしくはプロにお任せするなどして傷がつかないようにすることが求められます。

 

<関連項目>

プロが教える正しい洗車をして高額査定に